名門校の「人生を学ぶ」授業

おおたとしまさ 著

16校の白熱授業を実況中継!名門校と呼ばれるほどの進学校ほど、実は受験勉強以外により大きな時間を割いている。しかも、それは流行りのプログラミング教育でも、ネイティブに迫る英語でもなく、「裁縫」や「なわとび」など、一見、大学受験には関係なさそうな授業である。果たしてそれはなんのためにあるのか?名門校で日々実践されている「どんな時代になっても生きていけるための力」の育て方に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 まるで幼児教室!?な授業(ギリシャ3大作図不可能問題を折り紙で解く(灘中学校・高等学校)
  • レゴブロックで数学の原理原則に迫る(聖光学院中学校高等学校)
  • 65年以上の歴史がある「なわとび」部(桐朋中学校・高等学校)
  • 読み聞かせでアクティブ・ラーニング(東大寺学園中学校・高等学校))
  • 第2章 他者とかかわり自己を知る(大運動会で、組織に埋没しない「個」を育てる(開成中学校・高等学校)
  • 「演劇づくり」で正解のない問いに挑む(海城中学高等学校)
  • バイオリンを1人1つずつ用意しての音楽授業(芝中学校・高等学校)
  • 現代社会を見つめ、唱歌"故郷"の歌詞を考える(麻布中学校・高等学校))
  • 第3章 教科の枠を超えて学ぶ(種から稲を育てて赤飯にする「水田稲作学習」(筑波大学附属駒場中学校・高等学校)
  • リベラルアーツとしての「園芸」の授業(鴎友学園女子中学高等学校)
  • 東京ドーム15個分の校地全体が「生きた教材」(早稲田大学本庄高等学院)
  • 「聖書」を通して世界を知り、「礼拝」で自分を深める(女子学院中学校・高等学校))
  • 第4章 意味はあとからわかる(毎朝5分、布に針を通し、無心になる(豊島岡女子学園中学校・高等学校)
  • 2時間目と3時間目の間に半裸でラジオ体操(栄光学園中学高等学校)
  • 約2カ月、ひたすら岩を削り続ける授業(武蔵高等学校中学校)
  • 真夜中に標高1900mの山に登る大菩薩峠越え(巣鴨中学校・高等学校))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 名門校の「人生を学ぶ」授業
著作者等 太田 敏正
おおた としまさ
書名ヨミ メイモンコウ ノ ジンセイ オ マナブ ジュギョウ
シリーズ名 SB新書 411
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2017.11
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-9035-3
全国書誌番号
22975005
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想