人はなぜ不倫をするのか

亀山早苗 著

「人はなぜ不倫をするのか」。きっと少なくない人が、その答えを探している。本書はこの問いかけを第一線で活躍する8名の学者陣にぶつけた本だ。「ジェンダー研究」「昆虫学」「動物行動学」「宗教学」「心理学」「性科学」「行動遺伝学」「脳」。さまざまなジャンルの専門家が、それぞれの学問をベースに不倫を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジェンダー研究から不倫を考える-人はなぜ不倫をしないのか 上野千鶴子(うえのちづこ・社会学者)
  • 第2章 昆虫学から不倫を考える-昆虫は恋をするのか? 丸山宗利(まるやまむねとし・昆虫学者)
  • 第3章 動物行動学から不倫を考える-動物の浮気は倫理では語れない 竹内久美子(たけうちくみこ・動物行動学研究家)
  • 第4章 宗教学から不倫を考える-宗教消滅で善悪の基準は変わるか 島田裕巳(しまだひろみ・宗教学者)
  • 第5章 心理学から不倫を考える-不倫は心を救うか 福島哲夫(ふくしまてつお・心理学者)
  • 第6章 性科学から不倫を考える-人は一生、同じ相手とセックスし続けられるか? 宋美玄(そんみひょん・産婦人科医)
  • 第7章 行動遺伝学から不倫を考える-恋愛は遺伝子に左右される 山元大輔(やまもとだいすけ・理学博士)
  • 第8章 脳から不倫を考える-すべては「脳のバグ」である 池谷裕二(いけがやゆうじ・脳研究者)
  • 終章 人はなぜ不倫するのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人はなぜ不倫をするのか
著作者等 亀山 早苗
書名ヨミ ヒト ワ ナゼ フリン オ スル ノカ
シリーズ名 SB新書 356
出版元 SBクリエイティブ
刊行年月 2016.8
ページ数 226p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-8835-0
NCID BB22021355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22777910
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想