数学ガール  ゲーデルの不完全性定理

結城浩 著

「数学って、不完全だったの?」「僕」と三人の少女が「不完全性定理」の真実に迫る、魅惑の数学物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 鏡のモノローグ
  • 第2章 ペアノ・アリスメティック
  • 第3章 ガリレオのためらい
  • 第4章 限りなく近づく目標地点
  • 第5章 ライプニッツの夢
  • 第6章 イプシロン・デルタ
  • 第7章 対角線論法
  • 第8章 二つの孤独が生み出すもの
  • 第9章 とまどいの螺旋階段
  • 第10章 ゲーデルの不完全性定理

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学ガール
著作者等 結城 浩
書名ヨミ スウガク ガール
書名別名 Mathematical girls

Sugaku garu
巻冊次 ゲーデルの不完全性定理
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2009.11
ページ数 390p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7973-5296-2
NCID BA91803067
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21672206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想