豪兵伝

花田一三六 著

巨漢の樵が戦場で振るう血塗れの鉞。そこに篭められていたのは妻と、そしてまだ見ぬ子への想いだった。屈強な傭兵が、ある日剣を捨て鍬を持った。いったい何が彼にそんな決意をさせたのだろうか。憑かれたように女人像を彫り続ける石工。彼の奇行の深奥には、幼い日の忘れえぬ記憶があった。そして名もなき荷駄隊の人夫が目撃した戦場の本当の姿とは…。王侯貴族から傭兵、そして市井の人々にまで隅なく光をあて、その生き様を繊細に、しかし大胆に、あますところなく描ききった珠玉の短編集。大陸シリーズ未収録短編八本が、遂にこの一冊に集結。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豪兵伝
著作者等 花田 一三六
書名ヨミ ゴウヒョウデン
シリーズ名 戦塵外史 4
ジーエー文庫 4
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2007.11
ページ数 369p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7973-4535-3
全国書誌番号
21335757
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
人斬り 花田 一三六
女人像奇談 花田 一三六
導く女 花田 一三六
工房小話 花田 一三六
最後の仕事 花田 一三六
豪兵伝 花田 一三六
轍の記 花田 一三六
農夫の剣 花田 一三六
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想