公法の理論と体系思考

木村弘之亮先生古稀記念論文集編集委員会 編

この本の情報

書名 公法の理論と体系思考
著作者等 伊川 正樹
吉村 典久
増田 英敏
大塚 正民
宮本 十至子
山本 敬生
山本 洋一郎
山田 和江
岩崎 政明
手塚 貴大
木村弘之亮先生古稀記念論文集編集委員会
林 仲宣
石川 敏行
碓井 光明
脇谷 英夫
西山 由美
谷口 智紀
辻 美枝
野一色 直人
風岡 範哉
首藤 重幸
高野 幸大
書名ヨミ コウホウ ノ リロン ト タイケイ シコウ : キムラ コウノスケ センセイ コキ キネン
書名別名 木村弘之亮先生古稀記念
出版元 信山社
刊行年月 2017.8
ページ数 514p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7972-5692-5
NCID BB24280106
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22945517
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
原発民事訴訟排除論の若干の検討 首藤 重幸
国境を跨ぐ保険取引と米国の連邦消費税 辻 美枝
地方税法と地方税条例との関係の再検討 碓井 光明
外国営業所への事業用資産の再投資・移転に関するドイツ出国税の最近の動向 宮本 十至子
平成27年度税制改正による国外転出時課税制度 大塚正民
所得税における対価性 伊川 正樹
最近の判例から考える所得区分の論理 林 仲宣
消費課税と脱税 西山 由美
源泉徴収義務者と受給者との関係 山本洋一郎
特許侵害に対する損害賠償額算定における移転価格の有用性 谷口智紀
登録国外事業者制度の意義と課題 野一色直人
相続財産としての貸付金債権等の評価 山田 和江
相続財産の認定における推定課税の要否 風岡 範哉
租税法における類推 吉村典久
租税訴訟における「客観的立証責任」の帰属に関する一考察 脇谷 英夫
紛争予防税法学と要件事実論 増田 英敏
航空事故等調査と若干の国際比較 石川敏行
英国における居住者判定制定法基準〈Statutory Residence Test〉に関する覚書 高野 幸大
行政法総論における政策指向理論の内実と位相 手塚貴大
行政行為の附款論の再構成 山本 敬生
非居住者に対する不動産の譲渡対価・賃料の支払いと源泉徴収義務 岩﨑政明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想