会社持分支配権濫用の法理 : 多数派社員の誠実義務理論

潘阿憲 著

資本会社における少数派社員の保護の問題、なかんずく、小規模閉鎖的な株式会社および有限会社における少数派社員の利益を、多数派社員による持分支配権の濫用から如何に保護すべきかは、現代会社法の当面する課題の一つと言われており、それは、著者が会社法の研究を始めたときから、関心を持ち続けてきたテーマでもあった。その解決法の一つとして、本書は、アメリカやドイツの判例・学説上展開されてきたいわゆる誠実義務の理論に着目し、同理論の日本法への導入を試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 序論
  • 第2編 アメリカ法(序説
  • 判例における誠実義務の展開
  • 学説における誠実義務の展開
  • 立法の動向)
  • 第3編 ドイツ法(序説
  • 判例における誠実義務の展開
  • 学説における誠実義務の展開)
  • 第4編 日本法への展開(誠実義務理論の展開
  • 誠実義務の適用基準
  • 具体例の検討)
  • 第5編 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社持分支配権濫用の法理 : 多数派社員の誠実義務理論
著作者等 潘 阿憲
書名ヨミ カイシャ モチブン シハイケン ランヨウ ノ ホウリ : タスウハ シャイン ノ セイジツ ギム リロン
書名別名 Kaisha mochibun shihaiken ran'yo no hori
出版元 信山社
刊行年月 2000.7
ページ数 467, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4797221704
NCID BA47985624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20190684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想