バットマン:エンドゲーム

スコット・スナイダー 他作 ; グレッグ・カプロ 他画 ; 中沢俊介 訳

バットマンとジョーカー。マントをまとった闘士と道化王子。闇の騎士と青ざめた男。何年ものあいだ二人の対立構造こそ、ゴッサムの守護者にとっての犯罪との戦いを象徴していた。ヴィランが新たな深みに到達すると、彼を止めるために、ヒーローはさらなる高みを目指す。まさに好敵手の見本といえた。しかし、もう終わりだ。身の毛のよだつ心理戦も、倒錯した悪ふざけもここまで。常軌を逸した殺人者は悪を芸術の域にまで高め、名作を生み出した-バットマンと、彼が守ってきたすべてを完膚なきまでに破壊するために。ジャスティス・リーグが敵にまわり、ゴッサムの市民がにたにた笑って正気を失う。しかし、それはまだ始まりに過ぎない。恐るべきオチが待ち構えているのだ。バットマンは、奴がただの人間だと思っている…イカれているとはいえ、死ねば終わりだと。しかし、もしジョーカーの悪が永遠のものだとしたら?闇の騎士は終わらないジョークを止めることができるのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バットマン:エンドゲーム
著作者等 Capullo, Greg
Snyder, Scott
中沢 俊介
カプロ グレッグ
スナイダー スコット
書名ヨミ バットマン エンド ゲーム : ニュー フィフティツー
書名別名 BATMAN.VOLUME 7:ENDGAME

THE NEW 52!

Battoman endo gemu
シリーズ名 ShoPro Books
出版元 小学館集英社プロダクション
刊行年月 2016.9
ページ数 310p
大きさ 26cm
付随資料 解説(1枚)
ISBN 978-4-7968-7616-2
NCID BB25576141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22786335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想