ポピュラー音楽と資本主義 = Popular Music and Capitalism

毛利嘉孝 著

マルクスやアドルノの古典や近年の社会学、文化研究の議論を手がかりに、ポピュラー音楽の歴史的発展と資本主義とのスリリングな関係を解明する。デジタルメディア環境からDiY文化やアイドル文化まで最近の変容を描いた新たな章を書き加えたポピュラー音楽研究の必読入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ポピュラー音楽と資本主義
  • 2 ロックの時代の終焉とポピュラー音楽の産業化
  • 3 ポップの戦術-ポストモダンの時代のポピュラー音楽
  • 4 人種と音楽と資本主義
  • 5 「Jポップ」の時代
  • 6 「ポスト・Jポップ」の風景
  • 7 ムシカ・プラクティカ-実践する音楽

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポピュラー音楽と資本主義 = Popular Music and Capitalism
著作者等 毛利 嘉孝
書名ヨミ ポピュラー オンガク ト シホン シュギ
書名別名 Popular Music and Capitalism
出版元 せりか書房
刊行年月 2012.1
版表示 増補.
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7967-0309-3
NCID BB08042399
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22044429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想