火の詩学

ガストン・バシュラール 著 ; 本間邦雄 訳

『火の精神分析』に始まる四元素(火、水、空気、大地)を基盤とする物質的想像力の探究は、最後にまた、死と再生の瞬間を集約する《火》のイマージュに向かった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒言 生きられる書物
  • 序文 物書きの日々の仕事を手短に振り返って
  • 第1章 フェニックス、言語活動の現象
  • 第2章 プロメテウス
  • 第3章 エンペドクレス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火の詩学
著作者等 Bachelard, Gaston
本間 邦雄
バシュラール ガストン
書名ヨミ ヒ ノ シガク
書名別名 Fragments d'une poétique du feu
出版元 せりか書房
刊行年月 1990.5
ページ数 290p
大きさ 20cm
ISBN 4796701648
NCID BN05236666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90055321
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想