鎮守の銀狐に愛される花嫁

伊郷ルウ 著

祖父母を亡くし、ひとり古民家で暮らす小説家の颯壱。寂しい日々を泣いて暮らしていたところ、「寂しいのなら一緒にいてやろう」と突然、村の祠に祀られている銀狐・月光が現れた。銀髪で耳と尻尾がある、美しい煌びやかな和装の男-彼は勝手に家に上がり込み、酒を要求し、さんざん飲むと寝てしまった。その耳や尻尾が気になりおそるおそる触っていたところ、「寝込みを襲う趣味でもあるのか?」と腕をひかれ、押し倒されて-。銀色の妖狐と純朴な小説家の嫁入りラブ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎮守の銀狐に愛される花嫁
著作者等 伊郷 ルウ
書名ヨミ チンジュ ノ ギンコ ニ アイサレル ハナヨメ
書名別名 The bride loved by the silver fox

Chinju no ginko ni aisareru hanayome
シリーズ名 ガッシュ文庫
出版元 海王社
刊行年月 2014.11
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7964-0634-5
全国書誌番号
22484172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想