洗脳の楽園 : ヤマギシ会という悲劇

米本和広 著

対立や争いごとのない、金の要らない幸福な農村-ユートピア社会の実現をめざしたはずの共同体は、いかにして崩壊に至ったか。人間の脆さとノンフィクションの底力を証明した、色褪せぬ大宅賞候補作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 僕なんか死ねばいいんだ
  • 第1章 地上の楽園
  • 第2章 脱走する子どもたち
  • 第3章 交わることのない"二つの真実"
  • 第4章 脳を洗う(四月二八日〜二九日)
  • 第5章 脳を洗う(四月三〇日〜五月五日)
  • 第6章 脳を洗った八十八人のその後
  • 第7章 脳に浮かんだユートピア
  • 第8章 「地上の楽園」の実態
  • 第9章 ユートピアの終着点
  • 第10章 ユートピアのゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 洗脳の楽園 : ヤマギシ会という悲劇
著作者等 米本 和広
書名ヨミ センノウ ノ ラクエン : ヤマギシカイ ト ユウ ヒゲキ
出版元 情報センター出版局
刊行年月 2007.10
版表示 新装版.
ページ数 402p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7958-4782-8
NCID BA83923653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21419989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想