日本人はとても素敵だった : 忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景

楊素秋 著

こんなに日本を愛してくれる人たちがいるだろうか…日本人であることを誇りに思い、日本人として生きた台湾人女性が証言する、当時の日本人像。終戦まで日本人として生きた台湾人著者からのメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 命の恩人は日本人
  • 第2章 日本統治時代
  • 第3章 素晴らしかった日本教育
  • 第4章 優しい日本の兵隊さん
  • 第5章 戦後、中国人がやって来た
  • 第6章 日本人よ、しっかりしてください
  • 第7章 想い出は永遠に…

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人はとても素敵だった : 忘れ去られようとしている日本国という名を持っていた台湾人の心象風景
著作者等 楊 素秋
書名ヨミ ニホンジン ワ トテモ ステキ ダッタ : ワスレサラレヨウ ト シテイル ニホンコク ト ユウ ナ オ モッテイタ タイワンジン ノ シンショウ フウケイ
書名別名 Nihonjin wa totemo suteki datta
シリーズ名 シリーズ日本人の誇り 1
出版元 桜の花 : 星雲社
刊行年月 2003.12
版表示 第2版
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 4795276897
NCID BA66849838
BB05763612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20543595
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想