子どもの人権をまもるために

木村草太 編

「子どもには人権がある」と言われるが、ほんとうにその権利は保障されているか。大人の「管理の都合」ばかりが優先され、「子どもだから仕方ない」で片づけられてはいないか。貧困、虐待、指導死、保育不足など、いま子どもたちに降りかかるさまざまな困難はまさに「人権侵害」。この困難から子どもをまもるべく、現場のアクティビストと憲法学者が手を結んだ。子どもたちがどんなところで困難を抱え、なにをすればその支えになれるのか。「子どものためになる大人でありたい」と願う人に届けたい、緊急論考集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもの権利-理論と体系
  • 第1部 家庭(虐待-乗り越えるべき四つの困難
  • 貧困-子どもの権利から問う、子どもの貧困 ほか)
  • 第2部 学校(体育・部活動-リスクとしての教育
  • 指導死-学校における最大の人権侵害 ほか)
  • 第3部 法律・制度(児童相談所・子どもの代理人-子どもの意見表明権を保障する
  • 里親制度-子どもの最善の利益を考えた運用を ほか)
  • 子どもの権利を考える-現場の声と法制度をつなぐために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの人権をまもるために
著作者等 仁藤 夢乃
内田 良
内藤 朝雄
前川 喜平
南 和行
土井 香苗
大原 榮子
大塚 玲子
大貫 隆志
宮田 雄吾
山下 敏雅
山野 良一
木村 草太
村田 和木
熊谷 晋一郎
白濵 洋子
駒崎 弘樹
書名ヨミ コドモ ノ ジンケン オ マモル タメ ニ
シリーズ名 犀の教室Liberal Arts Lab
出版元 晶文社
刊行年月 2018.2
ページ数 345p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7949-7034-3
NCID BB25528590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23018875
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
10代の居場所 仁藤夢乃
LGBT 南和行
不登校 大原榮子
世界の子ども 土井香苗
体育・部活動 内田良
保健室 白濵洋子
保育 駒崎弘樹
児童相談所・子どもの代理人 山下敏雅
子どもの権利 木村 草太
子どもの権利を考える 木村 草太
学校の全体主義 内藤朝雄
指導死 大貫隆志
虐待 宮田雄吾
貧困 山野良一
道徳教育 前川喜平
里親制度 村田和木
障害 熊谷晋一郎
離婚・再婚 大塚玲子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想