思考する機械コンピュータ

ダニエル・ヒリス 著 ; 倉骨彰 訳

実はコンピュータの仕組みは驚くほど単純で、非常に理解しやすい。その理論は電子工学とは関係なく、本質はコンピュータという考え方の中にある。進化論的コンピュータ、人工ニューロン、超並列コンピュータの第一人者の著者が歩んできた道をたどりながら、コンピュータの可能性を解き明かした名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思考の基本部品
  • 2 部品としての論理回路
  • 3 プログラミング
  • 4 チューリングの万能機械
  • 5 アルゴリズムと発見的手法
  • 6 メモリ-情報と暗号
  • 7 並列コンピュータ
  • 8 学習できるコンピュータ
  • 9 工学的アプローチの次にくるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考する機械コンピュータ
著作者等 Hillis, W. Daniel
倉骨 彰
ヒリス ダニエル
書名ヨミ シコウ スル キカイ コンピュータ
書名別名 THE PATTERN ON THE STONE
シリーズ名 草思社文庫 ヒ1-1
出版元 草思社
刊行年月 2014.6
ページ数 267p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-7942-2058-5
NCID BB16304275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22420886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想