南京事件「証拠写真」を検証する

東中野修道, 小林進, 福永慎次郎 著

南京事件とは、昭和12(1937)年、南京で行われた日中の戦いのさいに、6週間にわたって日本軍による虐殺、暴行、強姦、略奪、放火が生じたとの主張であり、今ではこれが「南京大虐殺」という言葉で語られ、その証拠と称する残酷悲惨きわまりない写真が世界中に流布している。だが、それらの写真は、はたして真実を伝えるものなのか。本書は、東中野修道教授を中心とした南京事件研究会写真分科会が、「南京大虐殺」の証拠として使われている写真143枚を取りあげ、初めて総括的な検証を加えたものである。写真分科会は、そこに写された影の長さを計測して季節を特定し、関連刊行物との照合によって写真の初出をつきとめ、さらには近年公開された中国国民党中央宣伝部の極秘文書を援用して、国民党の戦争プロパガンダとこれらの写真との驚くべき関係を明らかにしてゆく。3年の歳月をかけた公正かつ画期的研究成果である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「証拠写真」の源流をたどる
  • 第1章 南京戦とは何だったのか
  • 第2章 初めて世に出た「証拠写真」
  • 第3章 趣向を凝らした追加写真
  • 第4章 「撮影者判明」写真はどのように使われているのか
  • エピローグ 「証拠写真」として通用する写真は一枚もなかった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南京事件「証拠写真」を検証する
著作者等 小林 進
東中野 修道
福永 慎次郎
書名ヨミ ナンキン ジケン ショウコ シャシン オ ケンショウスル
書名別名 Nankin jiken shoko shashin o kenshosuru
出版元 草思社
刊行年月 2005.2
ページ数 257p
大きさ 21cm
ISBN 4794213816
NCID BA70699943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20740822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想