蟲の群れが襲ってくる

ロナルド・シーゲル 著 ; 小林等 訳

パラノイアの妄想は、かすかな疑念から始まって、徐々に強固な確信へと発展していく経路をたどる。その果てに悲劇的な結末を迎える人々も少なくない。無数の虫や寄生虫に襲われるという男。身長30センチの小さな人間に襲われるという男。孫子の兵法に耽溺するチェス・プレイヤー。安モーテルの部屋で突然、神になってしまった男。リビングで観ていた映画が実生活に混ざりこんでしまった女性も登場する。文豪ヘミングウェイの自殺の陰にも「パラノイアの悪魔」がいたという。われわれが認識している「現実」はどこまでが本当の現実なのか。妄想と現実とのはざまで翻弄される人々の姿に、人間存在のあやうさが浮き彫りにされていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第5話 虫の群れが襲ってくる
  • 第6話 殺人生物群
  • 第7話 チェス・プレイヤー
  • 第8話 神になった男
  • 第9話 十番目の災厄
  • 第10話 小人退治
  • 第11話 パラノイア急行
  • エピローグ ヘミングウェイの墓所にて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蟲の群れが襲ってくる
著作者等 Siegel, Ronald K
小林 等
シーゲル ロナルド
書名ヨミ ムシ ノ ムレ ガ オソッテクル
書名別名 Whispers

Mushi no mure ga osottekuru
シリーズ名 パラノイアに憑かれた人々 下
出版元 草思社
刊行年月 2001.9
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 4794210841
NCID BA53864737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20202177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想