地方議会の法構造

駒林良則 著

[目次]

  • 第1章 地方議会法の現状と課題(問題の所在-最高裁判決を端緒として
  • 地方議会をめぐる議論の現状 ほか)
  • 第2章 ドイツ地方議会法の構造(ドイツにおける地方議会の法的地位
  • 地方議会の法的性格論の展開 ほか)
  • 第3章 我が国の地方議会法の特性(地方議会法の構造的特質
  • 自治体組織構造における地方議会の地位 ほか)
  • 第4章 地方議会活性化の系譜(戦後地方議会の法制度の展開
  • 行政改革下での地方議会の活性化 ほか)
  • 終章 地方議会法の構造変化の予兆(地方議会の法構造の分析のまとめ
  • 分権改革と地方議会法の構造変化)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地方議会の法構造
著作者等 駒林 良則
書名ヨミ チホウ ギカイ ノ ホウ コウゾウ
シリーズ名 名城大学法学会選書 / 名城大学法学会 編 6
出版元 成文堂
刊行年月 2006.2
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 4792332060
NCID BA75839518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20996958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想