フランスの社会連帯主義

大塚桂 著

本書は、20世紀初頭のフランスにおいて憲法学者・法哲学者・政治学者として活躍したレオン・デュギーの社会連帯主義を究明する論文集である。具体的には、デュギーが自身の理論をうちだすにあたり、社会学者であるオーギュスト・コント、エミール・デュルケームらの思想的影響をいかにこうむっているのかを中心テーマとする比較思想(史)研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 デュギーとラスキ-多元的国家論の源流
  • 第2章 デュギーとケルゼン-社会連帯主義的法学と純粋法学との思想的類似点および相違点
  • 第3章 デュギーとデュルケーム-デュギー理論におけるデュルケームの影響について
  • 第4章 デュギーとコント-実証主義と権利否認論の継承関係について
  • 第5章 デュルケームの政治理論-国家論と集団論を中心として
  • 第6章 デュルケームの法理論-法社会学の嚆矢
  • 第7章 デュルケームの政治的社会化論-家族から政治的社会へ
  • 第8章 コントの実証主義-基礎概念の検討

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランスの社会連帯主義
著作者等 大塚 桂
書名ヨミ フランス ノ シャカイ レンタイ シュギ
書名別名 L.デュギーを中心として

Furansu no shakai rentai shugi
出版元 成文堂
刊行年月 1995.3
ページ数 339, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4792331188
NCID BN12556077
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95054931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想