中止犯の理論的構造

野澤充 著

[目次]

  • 序論(中止犯の歴史研究の意義その1-制度の存在由来
  • 中止犯の歴史研究の意義その2-日本における議論の混乱の整理)
  • 第1部 日本における中止犯論の歴史的展開(明治13年刑法典と明治40年刑法典の中止規定
  • 明治13年刑法典の中止規定
  • 明治40年刑法典の中止規定
  • 日本における中止犯論のまとめ)
  • 第2部 ドイツにおける中止犯論の歴史的展開(ローマ古代法時代から中世期に至るまで
  • 継受法時代以降、16世紀から18世紀まで
  • 19世紀、ライヒ刑法典制定まで(領邦国家法時代)
  • ライヒ刑法典制定以後)
  • 結論(ドイツにおける中止犯論の展開のまとめ
  • 日本における中止犯論の展開のまとめ
  • 今後の日本の中止犯論のあるべき方向)
  • 補論 予備罪の中止について-予備罪に対する中止犯規定の類推適用の可否(日本における学説および判例の概観
  • ドイツにおける考え方
  • 結論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中止犯の理論的構造
著作者等 野澤 充
書名ヨミ チュウシハン ノ リロンテキ コウゾウ
出版元 成文堂
刊行年月 2012.2
ページ数 545p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-1933-5
NCID BB08997507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22092483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想