刑法は企業活動に介入すべきか

田口守一, 松澤伸, 今井猛嘉, 細田孝一, 池辺吉博, 甲斐克則 著

[目次]

  • 第1章 企業犯罪と制裁制度のあり方
  • 第2章 企業犯罪の現状と企業刑法の構想
  • 第3章 企業犯罪と法人の刑事責任
  • 第4章 独占禁止法におけるカルテルに対する制裁制度(課徴金を中心として)
  • 第5章 企業から見た企業犯罪の防止と制裁制度
  • 第6章 企業のコンプライアンス・プログラムと刑事制裁

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法は企業活動に介入すべきか
著作者等 今井 猛嘉
松澤 伸
池辺 吉博
田口 守一
甲斐 克則
細田 孝一
書名ヨミ ケイホウ ワ キギョウ カツドウ ニ カイニュウスベキカ
書名別名 Keiho wa kigyo katsudo ni kainyusubekika
出版元 成文堂
刊行年月 2010.1
ページ数 138p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-1859-8
NCID BB01172782
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21719166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想