ジェンダー・トラブル

ジュディス・バトラー 著 ; 竹村和子 訳

権力はいかに言説のかたちをとって身体・精神・欲望を形成するのか。女と男の弁別が身体の自然に根ざすとする本質論的前提を根底的にくつがえし、セクシュアリティ研究の方向を決定づけたフェミニズム/クィア理論の最重要書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "セックス/ジェンダー/欲望"の主体(フェミニズムの主体としての「女」
  • "セックス/ジェンダー/欲望"の強制的秩序
  • ジェンダー-現代の論争の不毛な循環 ほか)
  • 第2章 禁止、精神分析、異性愛のマトリクスの生産(構造主義の危うい交換
  • ラカン、リヴィエール、仮装の戦略
  • フロイトおよびジェンダーのメランコリー ほか)
  • 第3章 撹乱的な身体行為(ジュリア・クリステヴァの身体の政治
  • フーコー、エルキュリーヌ、セックスの不連続の政治
  • モニク・ウィティッグ-身体の解体と架空のセックス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェンダー・トラブル
著作者等 Butler, Judith
竹村 和子
バトラー ジュディス
書名ヨミ ジェンダー トラブル : フェミニズム ト アイデンティティ ノ カクラン
書名別名 GENDER TROUBLE

フェミニズムとアイデンティティの攪乱

Jenda toraburu
出版元 青土社
刊行年月 2018.3
版表示 新装版
ページ数 296,4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-7047-2
NCID BB25597389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23019033
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想