わたしの欲望を読みなさい : ラカン理論によるフーコー批判

ジョアン・コプチェク 著 ; 梶理和子 ほか訳

現代思想の二大巨頭-「精神分析」のラカン、「歴史主義」のフーコー。アメリカ民主主義、植民地幻想、フィルム・ノワール、ゴシック・ロマン、ジェンダー・ポリティクスなどを題材に、「欲望を読めない」フーコー理論に対する「欲望を読める」ラカン理論の決定的優位性を明快に論証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 構造は街中を行進して歩かない
  • 2 矯正精神医学的な主体-映画理論とラカン受容
  • 3 切り刻むこと(カッティング・アップ)
  • 4 衣服の超自我
  • 5 吸血鬼、母乳育児、不安
  • 6 不能なる「他者」-アメリカの民主主義、アメリカのヒステリー
  • 7 密室・わびしい部屋-フィルム・ノワールにおける私的空間
  • 8 性と理性の安楽死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしの欲望を読みなさい : ラカン理論によるフーコー批判
著作者等 Copjec, Joan
下河辺 美知子
村山 敏勝
梶 理和子
鈴木 英明
コプチェク ジョアン
書名ヨミ ワタシ ノ ヨクボウ オ ヨミナサイ : ラカン リロン ニ ヨル フーコー ヒハン
書名別名 Read my desire

Watashi no yokubo o yominasai
出版元 青土社
刊行年月 1998.6
ページ数 328, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4791756398
NCID BA36495408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99071124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想