子どものこころの診療ハンドブック

日本総合病院精神医学会児童・青年期委員会 編集

[目次]

  • なぜ子どもを診るべきなのか-児童精神科医療の必要性と役割
  • 大人の診察と同じように子どもを診よう-一般外来に子どもが来たときの対応 初診から数回の流れ
  • 子どもを取り巻く大人をサポートする-子どもの家族への対応
  • 適応とメリットを理解しよう-入院治療を要する場合の対応
  • パートナーの仕事を理解しよう-臨床心理士の役割
  • 他機関と協調して支援する-教育機関、児童相談所など他機関との連携
  • 教育機関と上手につながる-教師・スクールカウンセラーとの連携
  • 有効なツールの存在を把握しておこう-療育手帳や特別児童扶養手当などの取得、申請
  • 仲間で支え合う場所-患者会、家族会(自助グループ)
  • からだの病気を見落とさない-身体的診察・検査
  • 大人との相違点を理解しよう-子どものこころの診療における薬物療法
  • 他科とコミュニケーションよく診療することのメリットを再確認する-小児科・産科との連携
  • 身体疾患で入院中の子どもにこころのケアを-入院患者やがん患者のコンサルテーション-リエゾン
  • 大人との違いを理解して対応しよう-子どもの精神病性障害
  • 特性と二次障害を把握しよう-発達障害圏の診断と初期対応
  • からだとこころのバランスを見極める-心身症・身体症状を訴える子どもの初期対応
  • 個々のケースに合った対応を-不登校の初期対応
  • 総合病院が治療の中心となる-摂食障害の初期対応
  • チームワーク・ネットワークで早期の発見と介入を-被虐待事例の初期対応
  • 子どもに特有の反応と対応を理解しよう-災害後の子どものこころのケア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どものこころの診療ハンドブック
著作者等 日本総合病院精神医学会
日本総合病院精神医学会児童・青年期委員会
日本総合病院精神医学会児童青年期委員会
書名ヨミ コドモ ノ ココロ ノ シンリョウ ハンドブック
書名別名 Kodomo no kokoro no shinryo handobukku
シリーズ名 日本総合病院精神医学会治療指針 7
出版元 星和書店
刊行年月 2016.11
ページ数 186p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7911-0945-6
NCID BB22667036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22827952
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想