ワーク・エンゲイジメント

アーノルド・B. バッカー, マイケル・P. ライター 編 ; 島津明人 総監訳 ; 井上彰臣, 大塚泰正, 島津明人, 種市康太郎 監訳

ワーク・エンゲイジメントとは、仕事に誇りをもち、仕事にエネルギーを注ぎ、仕事から活力を得て生き生きとしている状態。産業・組織心理学において新しく提唱された概念であり、充実し、生産的に仕事を行っていくうえでの基盤となる。ワーク・エンゲイジメントに関して、世界中の主要な専門家による最新の研究に基づき、現在入手可能な最高水準の知識を集結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ワーク・エンゲイジメント:序論
  • ワーク・エンゲイジメントの定義と測定:概念の明確化
  • 人は日々同じようにエンゲイジしているわけではない:状態ワーク・エンゲイジメントの概念
  • 仕事を楽しむ人と仕事に追われる人:ワーク・エンゲイジメントとワーカホリズムの違い
  • ポジティブ心理学の力:心理的資本とワーク・エンゲイジメント
  • 職場で生き生きとする:活力の先行要因
  • エンゲイジメントを予測するための仕事の要求度‐資源モデル(JD‐Rモデル)の活用:概念的モデルの分析
  • ワーク・エンゲイジメントのメタ分析:バーンアウト、要求度、資源、アウトカムとの関連
  • 資源とワーク・エンゲイジメントの獲得のスパイラル:ポジティブな仕事生活を維持する
  • エンゲイジメントとスライヴィング:エネルギーと仕事への結びつきに対する補足的視点〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワーク・エンゲイジメント
著作者等 Bakker, Arnold B
Leiter, Michael P
井上 彰臣
大塚 泰正
島津 明人
種市 康太郎
ライター マイケル・P.
バッカー アーノルド・B.
書名ヨミ ワーク ・ エンゲイジメント : キホン リロン ト ケンキュウ ノ タメ ノ ハンドブック
書名別名 Work engagement

基本理論と研究のためのハンドブック
出版元 星和書店
刊行年月 2014.2
ページ数 401p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7911-0865-7
NCID BB15042366
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22379054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想