倫理学に答えはあるか : ポスト・ヒューマニズムの視点から

ジェームズ・レイチェルズ 著 ; 古牧徳生, 次田憲和 訳

進化の観点から人間の尊厳を徹底的に否定し、メタ倫理から応用倫理まで、宗教・平等・安楽死・動物等について自在に論じたレイチェルズ渾身の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 倫理学に答えはあるか
  • 哲学者による性急な批評
  • 積極的安楽死と消極的安楽死
  • 殺すこと、死ぬにまかせること、そして生の価値
  • 動物に権利はあるか
  • 菜食主義を支持する道徳的議論
  • 神と道徳的自律
  • 嘘をつくことと絶対的規則の倫理
  • なぜプライバシーは重要なのか
  • 平等という思想についての省察
  • 人間の「ふさわしさ」について
  • 偏見への取り組み
  • 道徳、両親、そして子供
  • ジョン・デューイと倫理学の真理
  • 転覆活動としての道徳哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 倫理学に答えはあるか : ポスト・ヒューマニズムの視点から
著作者等 Rachels, James
古牧 徳生
次田 憲和
レイチェルズ ジェームズ
書名ヨミ リンリガク ニ コタエ ワ アルカ : ポスト ヒューマニズム ノ シテン カラ
書名別名 Can ethics provide answers?

Rinrigaku ni kotae wa aruka
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.5
ページ数 280, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1519-1
NCID BB05490145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21942333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想