中学英語でココまで話せる

鬼塚幹彦, ミゲール・リーヴァスミクー 著

中学英語は文法からやり直すのが一番だ。英語をすっかり忘れたと思っている社会人、もう一度やり直してみたい学生、いま実力をつけたい受験生などどんな人にも役にたつ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 時制-時制は英語表現の最大のポイント
  • 第2章 助動詞-助動詞で気持ちを伝える
  • 第3章 主語-日本語の主語と英語の主語との関係
  • 第4章 受動態-受動態は英語的思考の根幹
  • 第5章 第4文型・第5文型-受けるものが2つなら第4文型、主体が2つなら第5文型
  • 第6章 比較-比較表現で注意すべきルール
  • 第7章 文をつなぐ-文をつなぐときに誤りが生じやすい
  • 第8章 前置詞-日本語の助詞と英語の前置詞との関係
  • 第9章 冠詞-英語は冠詞である

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中学英語でココまで話せる
著作者等 Rivas-Micoud, Miguel
鬼塚 幹彦
Rivas‐Micoud Miguel
リーヴァスミクー ミゲール
書名ヨミ チュウガク エイゴ デ ココマデ ハナセル
出版元 ジャパンタイムズ
刊行年月 1999.3
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN 478900953X
NCID BA4065323X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99066322
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想