ハイブリッド・リーディング

日本記号学会 編 ; 阿部卓也 企画・編集・構成

紙と、電子の融合がもたらすグラマトロジーの未来。B.スティグレール、杉浦康平ほかの思想と実践を参照しつつ「よむこと」と「かくこと」をラディカルに問い直す。ARアプリと連動!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1部 「実践編」ブックデザインをめぐって(一即二即多即一-東洋的ブックデザインを考える
  • 対談 メディア論的「必然」としての杉浦デザイン
  • 杉浦康平デザインの時代と技術)
  • 2部 「理論編」ハイブリッド・リーディングとデジタル・スタディーズ(新『人間知性新論』"本"の記号論とは何か(抜粋)
  • 器官学、薬方学、デジタル・スタディーズ
  • 極東における間メディア性の考古学試論-人類学・記号論・認識論のいくつかの基本原理
  • 「かくこと」をめぐって-記号・メディア・技術)
  • 3部 「実験編」これからの「リーディング」をデザインする(デジタルアーカイブ時代の大学における「読書」の可能性-東京大学新図書館計画における実験と実践
  • もう一つのハイブリッド・リーディング-ワークショップ「書かれぬものをも読む」をめぐって)
  • 4部 記号論の諸相(スーパーモダニティの修辞としての矢印-そのパフォーマティヴィティはどこから来るのか?
  • 日本という言語空間における無意識のディスクール-折口信夫の言語伝承論を手がかりに
  • 「意味」を獲得する方法としてのアブダクション-予期と驚きの視点から
  • 自己表象としての筆致-書くことと書かれたものへのフェティシズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイブリッド・リーディング
著作者等 日本記号学会
阿部 卓也
書名ヨミ ハイブリッド リーディング : アタラシイ ドクショ ト モジガク
書名別名 新しい読書と文字学
シリーズ名 叢書セミオトポス 11
出版元 新曜社
刊行年月 2016.8
ページ数 277p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7885-1486-7
NCID BB22044940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22789129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想