1968  下 (叛乱の終焉とその遺産)

小熊英二 著

新宿事件、高校闘争、内ゲバ、爆弾事件、べ平連、リブ、そして連合赤軍。「あの時代」の後半期に起きたパラダイム転換は、何を遺したのか。後世への真の影響を初めて明らかにし、現代の「私たち」の位置を逆照射する下巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第3部(高校闘争
  • 六八年から六九年へ-新宿事件・各地全共闘・街頭闘争の連敗)
  • 第4部(一九七〇年のパラダイム転換
  • べ平連
  • 連合赤軍
  • リブと「私」)
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 1968
著作者等 小熊 英二
書名別名 1968

叛乱の終焉とその遺産
巻冊次 下 (叛乱の終焉とその遺産)
出版元 新曜社
刊行年月 2009.7
ページ数 1011p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7885-1164-4
NCID BA9084253X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21644687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想