単一民族神話の起源 : <日本人>の自画像の系譜

小熊英二 著

民族というアイデンティティをめぐる考察。多民族帝国であった大日本帝国から、単一民族神話の戦後日本へ。台湾侵略から100年、戦後50年のいま、明治から戦後までの日本民族についての言説を集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「開国」の思想(日本民族論の発生
  • 内地雑居論争 ほか)
  • 第2部 「帝国」の思想(「差別解消」の歴史学
  • 国体論の再編成 ほか)
  • 第3部 「島国」の思想(島国民俗学の誕生
  • 皇民化対優生学 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 単一民族神話の起源 : <日本人>の自画像の系譜
著作者等 小熊 英二
書名ヨミ タンイツ ミンゾク シンワ ノ キゲン
書名別名 Tan'itsu minzoku shinwa no kigen
出版元 新曜社
刊行年月 1995.7
ページ数 450, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4788505282
NCID BN12881373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95070552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想