ユートピアの崩壊ナウル共和国 : 世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで

リュック・フォリエ 著 ; 林昌宏 訳

これはナウルだけの問題なのか-。豊富なリン鉱石資源の輸出により実現した税金なし・社会保障完備の"地上の楽園"は、なぜ短期間で破綻してしまったのか?太平洋に浮かぶ世界一小さな島国を襲った悲劇の物語から読み取るべき教訓とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 廃墟と化した島国
  • 1 リン鉱石の発見
  • 2 日本軍の占領と独立
  • 3 島の黄金時代
  • 4 放漫経営のツケ
  • 5 犯罪支援国家
  • 6 難民収容島
  • 7 国家の破綻
  • 8 援助パートナーの思惑
  • 9 肥満と糖尿病
  • 10 リン鉱石頼みの国家再建
  • エピローグ ナウルの教訓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ユートピアの崩壊ナウル共和国 : 世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで
著作者等 Folliet, Luc
林 昌宏
フォリエ リュック
書名ヨミ ユートピア ノ ホウカイ ナウル キョウワコク : セカイイチ ユウフクナ シマグニ ガ サイヒンコク ニ テンラクスル マデ
書名別名 Nauru,l'ile devastee
出版元 新泉社
刊行年月 2011.2
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7877-1017-8
NCID BB04967479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21893853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想