ブルマーの社会史 : 女子体育へのまなざし

高橋一郎, 萩原美代子, 谷口雅子, 掛水通子, 角田聡美 著

男性教員や男子生徒の視線が存在する公的な空間で、女子生徒の脚部の付け根まで露出を強制していたブルマー。女性解放運動に出自をもつブルマーがたどった、明治期の輸入から戦後までの社会的・歴史的な変遷を読み解き、社会学・歴史学の視角から「脱女性化というジレンマ」「女子身体イメージの変容」「性の解放と抑圧のパラドックス」という女性の身体性をめぐる葛藤と闘争の物語を紡ぎ出す。そして、欲望のまなざしにさらされた結果、性的身体化=商品化することで消滅した過程を丹念に明らかにして、ジェンダー規範や行動様式にまで影響を与えたブルマーを通して、セクシュアリティの歴史的変容に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ブルマー登場以前-衣服と脚の関係から(着物と活動性
  • 女性の二本脚からみた日本服装史 ほか)
  • 第2章 ブルマーと近代化-解放と抑圧のはざまで(ブルマーにまつわる解放と抑圧のパラドックス
  • 欧米でのブルーマー・コスチュームの登場に対する反応について ほか)
  • 第3章 女性の身体イメージの近代化-大正期のブルマー普及(女学生文化と体育
  • 明治後期「女学世界」の体育言説 ほか)
  • 第4章 ブルマーの戦後史-ちょうちんブルマーからぴったりブルマーへ(戦後の学校教育とブルマー
  • ブルマーの変遷 ほか)
  • 第5章 スケープゴートとしてのブルマー(服装としてのブルマー
  • 体育・女性・ブルマー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブルマーの社会史 : 女子体育へのまなざし
著作者等 掛水 通子
萩原 美代子
谷口 雅子
高橋 一郎
角田 聡美
書名ヨミ ブルマー ノ シャカイシ : ジョシ タイイク エノ マナザシ
シリーズ名 青弓社ライブラリー 36
出版元 青弓社
刊行年月 2005.4
ページ数 250p
大きさ 19cm
ISBN 4787232428
NCID BA71819279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20772648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想