見る・撮る・描く絶景の山 : 中央アルプス・南アルプス

日本山岳写真協会南信支部 写真 ; 菊地俊朗 文

中央アルプス・南アルプスを眺める景勝ポイント34エリアを紹介。山にまつわる随筆34編を配し、山を学ぶページを掲載。マイカーで行けるところを主に、徒歩でも40〜50分以内の場所に限定。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • スカイライン林道が延びる高烏谷山
  • 肥沃で広大な田園地帯の三峰川下流域
  • 将棊頭の山容は東麓からが一番際立つ
  • 伊那市西箕輪からは中・南アがいつも目の前
  • 交差する街道と道祖神の里 伊那谷北部
  • 蛇石としだれ栗 国天然記念物二つの辰野
  • 萱野高原 そして梅林と赤ソバの里 箕輪
  • スズランが咲き360度展望の入笠山
  • 「天下一の桜」コヒガンザクラの高遠
  • その名もおしゃれ眺めも抜群 鹿嶺高原〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見る・撮る・描く絶景の山 : 中央アルプス・南アルプス
著作者等 菊地 俊朗
日本山岳写真協会南信支部
書名ヨミ ミル トル エガク ゼッケイ ノ ヤマ
書名別名 Miru toru egaku zekkei no yama
シリーズ名 ビジュアルガイド 1
出版元 信濃毎日新聞社
刊行年月 2004.7
ページ数 143p
大きさ 26cm
ISBN 4784099719
NCID BA77227909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20646406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想