ダークツーリズム入門

風来堂 編

アウシュヴィッツ強制収容所、チェルノブイリ原子力発電所、グラウンド・ゼロ、福島第一原発など、世界を震撼させた悲劇の舞台への「巡礼の旅」が今、人気を集めている。また、数々のジャーナリストや評論家なども現地を訪れ、その論考にも注目が集まっている。実際に現地を訪れると、悲しみや嘆き、狂気、ユーモア、強さなど、さまざまな感情が入り交じる空気に触れることができる。不幸な歴史の記憶を後世に伝えるために訪れておきたい、世界と日本の81カ所を網羅した入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • interview(「彼の地」を訪れる理由ダークツーリズムとは(井出明(追手門学院大学教授))
  • 小説家の視点で視る悲劇の痕跡と街の傷跡(角田光代(作家)))
  • 1 日本篇(福島(福島県)
  • 三陸海岸北部(岩手県) ほか)
  • 2 欧米篇(ベルリンの壁(ドイツ)
  • チェルノブイリ、プリピャチ(ウクライナ) ほか)
  • 3 アジア・アフリカ篇(タンザニア
  • ムランビ虐殺記念館(ルワンダ) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ダークツーリズム入門
著作者等 風来堂
書名ヨミ ダーク ツーリズム ニュウモン : ニホン ト セカイ ノ フ ノ イサン オ ジュンレイ スル タビ
書名別名 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅

Daku tsurizumu nyumon
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2017.9
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7816-1582-0
NCID BB24506322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22953068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想