雇用・利子および貨幣の一般理論

ケインズ 原作 ; Teamバンミカス 漫画

世界恐慌の発生で、失業率が25%に達したイギリス。「いずれ時が解決する」といった古い考えにとらわれ続ける古典派経済学に失望した気鋭の経済学者ケインズは、進歩した社会の問題を解決できるまったく新しい経済理論を生み出す難事業に、たった一人で挑む!経済学の常識を覆し、世界経済のかたちを一気に変えた名作をマンガ化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典派経済学の問題点1-失業の定義
  • 古典派経済学の問題点2-供給重視から需要重視へ
  • 古典派経済学の問題点3-実質賃金と名目賃金
  • 有効需要-雇用と物価について
  • 限界消費性向・乗数理論-収入、貯蓄、投資について
  • 流動性選好理論-利子率、お金、期待について
  • 政府の役割-金融緩和と公共事業について
  • モラル・サイエンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雇用・利子および貨幣の一般理論
著作者等 Keynes, John Maynard
Teamバンミカス
福沢 諭吉
トーエシンメ
トーエ・シンメ
ケインズ ジョン・メイナード
書名ヨミ コヨウ リシ オヨビ カヘイ ノ イッパン リロン
シリーズ名 まんがで読破 MD134
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2015.6
ページ数 382p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7816-1338-3
NCID BB19007232
BB19640596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22605442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想