「反日」の敗北

石平, 西村幸祐 著

2014年都知事選における「田母神現象」、安倍首相靖国参拝を契機にした中国の「対日包囲網」の失敗、朴槿恵大統領の「告げ口外交」の空回り…安倍政権発足後、国内外の反日勢力の衰退と焦りはさらに色濃くなった。本書は「反日の敗北」が歴史的必然であることを明らかにし、今後、日本が取るべき戦略の要諦を語り尽くす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 中韓「反日共闘」という砂の楼閣
  • 1章 よみがえる日本人の愛国心
  • 2章 反日大国・中国の内憂外患と崩壊への道
  • 3章 反日小中華・韓国の苦境と自滅
  • 4章 反日サヨクの敗北と最後の悪あがき
  • 5章 我々に残された課題と日本の未来
  • 終章 見えてきた「反日の敗北」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「反日」の敗北
著作者等 石 平
西村 幸祐
書名ヨミ ハンニチ ノ ハイボク
書名別名 Hannichi no haiboku
出版元 イースト・プレス
刊行年月 2014.6
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7816-1174-7
NCID BB15971048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22429386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想