動物と出会う  1 (出会いの相互行為)

木村大治 編

人間と動物、動物と動物、人間と人間が出会うとき、そこでは何が起きるのか?人類学、霊長類学、認知科学、心理学など多様な分野を横断し、人と動物のかかわりに肉薄する待望の論集、第1巻!第1部には、狩猟、すなわち片方がもう片方を殺し、食べるという苛烈な相互行為を扱った論考が集められている。第2部では、より共存的・平和的な相互の出会いの状況が記述される。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 行為のもつれ
  • 第1部 狩猟のまなざし(原野の殺戮者-グイ・フッシュマンと動物のいのち
  • 狩猟採集民バカ・ピグミーの狩猟と「あいまいな発話」
  • 私たちはいかにして魚と出会うのか?-沖縄県久高島におけるマグロ漁とソデイカ漁の事例から
  • 人類の狩猟とチンパンジーの「狩猟」-食う者と食われる者の間のインタラクション)
  • 第2部 出会いと挨拶(フィールドでサルと出遇い、その社会に巻き込まれる-観察という営みについての一考察
  • ウマ、ヒトにあう-調教における相互行為と群れへの接近から家畜化の起源を考える
  • 「魂のようなもの」に触れる-動物との"出会い"とヒトとの"出会いそこない"
  • 敵対的相互行為から「あいさつ」へ-動機付けの葛藤が果たす役割)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物と出会う
著作者等 木村 大治
書名ヨミ ドウブツ ト デアウ
書名別名 Encountering Animals
巻冊次 1 (出会いの相互行為)
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2015.3
ページ数 197p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0904-9
NCID BB18463939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22599585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想