心の発生 : 認知発達の神経科学的理論

月本洋 著

「心」はどのように幼児の中にうまれるのか?言葉の意味とはその言葉で惹き起こされるイメージ、つまり仮想的身体運動である-人工知能研究、言語学、心理学、脳科学、哲学を横断する気鋭が、斬新な視点から「心」の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イメージは運動の抑制で生成される
  • 2 イメージの発生
  • 3 共感覚的表象期
  • 4 心の発生
  • 5 組合わせ的複写
  • 6 テレビと乳幼児

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の発生 : 認知発達の神経科学的理論
著作者等 月本 洋
書名ヨミ ココロ ノ ハッセイ : ニンチ ハッタツ ノ シンケイ カガクテキ リロン
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2010.4
ページ数 147p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0448-8
NCID BB01746134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21763820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想