企業の政治経済学

フランソワ・エイマール-デュヴルネ 著 ; 海老塚明, 片岡浩二, 須田文明, 立見淳哉, 横田宏樹 訳

企業はなぜ社会の進化に適応し、新しい価値を組み込み、革新をはかりながら存続することができるのか。経済学に政治的な地層を再生させるコンヴァンシオン理論による、新しい企業理論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 自由主義的企業
  • 第2章 ヒエラルキー的企業
  • 第3章 知性をもつ企業
  • 第4章 企業の諸制度:慣行
  • 第5章 シテにおける資本主義的企業
  • 結論 資本主義的企業:未解決の政治的問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業の政治経済学
著作者等 Eymard Duvernay, F.
Eymard-Duvernay, François
海老塚 明
片岡 浩二
須田 文明
Eymard‐Duvernay Francois
横田 宏樹
立見 淳哉
エイマール‐デュヴルネ フランソワ
書名ヨミ キギョウ ノ セイジ ケイザイガク : コンヴァンシオン リロン カラノ テンボウ
書名別名 Economie politique de l'entreprise

コンヴァンシオン理論からの展望

Kigyo no seiji keizaigaku
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2006.12
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4779501245
NCID BA79931294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21215581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想