立川談志の正体 : 愛憎相克的落語家師弟論

快楽亭ブラック 著

落語への想い。談志師への入門。師のスゴイとこ、セコイとこ。師の取り巻き連中。師とお金等。「落語家・立川談志」を鋭利な切っ先でスルドク剔抉し、さらに「談志論」にまで至る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一之席(とにかくお金が大好き!
  • 談志に弟子入り
  • 談志との再会
  • 落語立川流の創立 ほか)
  • 二之席(さらば立川流
  • 家元の落語
  • 家元と弟子
  • 円楽と柳朝 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立川談志の正体 : 愛憎相克的落語家師弟論
著作者等 快楽亭 ブラック
書名ヨミ タテカワ ダンシ ノ ショウタイ : アイゾウ ソウコクテキ ラクゴカ シテイロン
書名別名 Tatekawa danshi no shotai
出版元 彩流社
刊行年月 2012.2
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7791-1757-2
NCID BB08550913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22046291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想