地頭のいい子を育てる食卓の力

佐藤剛史 著

子どもの教育は食卓から始まる!毎日の食事で子どもは「親の愛情」を感じ取る。親が子どもに教えるべき最も大切な習慣は「早寝、早起き、朝ごはん」。食卓での会話の質と量が「子どもの言語能力」を決めていく。お手伝いの基本は「やりたがる時期にちゃんとやらせる」。「子どもが食べたいもの」ではなく「子どもに食べさせたいもの」を作る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食卓で「心の力」が育つ-毎日の食事を大切にすることで、親の愛は子どもに伝わる。(「家族の食卓」という奇跡の幸せ
  • 子どもの心に「食卓の風景」を刻む
  • 食事は手を抜きやすい ほか)
  • 2 食卓で「自分でできる力」が育つ-親の最大の仕事は、子どもに自立力を身につけさせること。(食卓で子どもと話す
  • 子どもにはすてきな言葉で語りかける
  • 食事中はテレビを消す ほか)
  • 3 食卓で「学ぶ力」が育つ-生活を大切にすること。その生活が、子どもの学力と人生をつくる。(すぐに結果を求めない
  • 子どもを見守る
  • お金よりも本を与える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地頭のいい子を育てる食卓の力
著作者等 佐藤 剛史
書名ヨミ ジアタマ ノ イイコ オ ソダテル ショクタク ノ チカラ : ロクサイ マデ ニ ミ ニ ツケタイ サンジュウ ノ シュウカン
書名別名 6歳までに身につけたい30の習慣
出版元 現代書林
刊行年月 2016.12
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7745-1599-1
NCID BB24216865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22829407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想