大地の芸術祭 : 越後妻有アートトリエンナーレ2003

大地の芸術祭・花の道実行委員会東京事務局 編

[目次]

  • 芸術の復権の予兆
  • 人間の時間、それが人間の土地
  • 地域生活の活性化、アートはいかにして生活そのものとなるか
  • 「再会」と「発見」の祝祭空間
  • 芸術祭の新しいモデル
  • 第2回妻有アートトリエンナーレを見て-後世への「石垣田んぼ」作り
  • 美術の「正しいあり方」
  • データで見る越後妻有
  • 里山に広がるアート作品
  • 展覧会-大地の芸術〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大地の芸術祭 : 越後妻有アートトリエンナーレ2003
著作者等 大地の芸術祭花の道実行委員会
大地の芸術祭花の道実行委員会東京事務局
大地の芸術祭・花の道実行委員会東京事務局
書名ヨミ ダイチ ノ ゲイジュツサイ : エチゴ ツマリ アート トリエンナーレ 2003
書名別名 Echigo-Tsumari art triennial 2003

Daichi no geijutsusai
出版元 現代企画室
刊行年月 2004.4
ページ数 263p
大きさ 30cm
ISBN 4773804009
NCID BA67500626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20580807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 英語
日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想