東アジアの歴史摩擦と和解可能性

菅英輝 編著

日中韓で歴史認識の共有は可能か。反日・嫌中・嫌韓は乗り越えられるか。アジア現代史と深く関連する米国の政策と行動。パワーをめぐる主導権争いと排他的ナショナリズムが歴史問題と連動するとき、国際関係は不安定化する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 冷戦後東アジア国際関係の構造変動と歴史和解-パワー、ナショナリズム、市民社会、歴史摩擦の交錯
  • 第1部 日本における歴史認識をめぐる諸問題(戦争責任論から戦後秩序論へ-東京裁判論の視点転換へ
  • 戦争犯罪とダブル・スタンダード-アジア太平洋戦争の遺産 ほか)
  • 第2部 変容する東アジア秩序と歴史摩擦(歴史認識をめぐる日韓摩擦の構造とその変容
  • 自由社刊二〇〇九年度中学校歴史教科書分析-「近代」対外関係を中心に ほか)
  • 第3部 歴史摩擦と歴史和解(東南アジア 「忘却の共同体」の行方
  • フィリピン 戦後対米認識の変化と国際構造の変動 ほか)
  • 第4部 東アジアにおける歴史和解の可能性(「ソンミ」の記憶とトランスナショナルな「和解・平和」
  • プロセスとしての「東アジア共同体」-信頼醸成による日中韓の歴史和解の可能性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの歴史摩擦と和解可能性
著作者等 菅 英輝
書名ヨミ ヒガシアジア ノ レキシ マサツ ト ワカイ カノウセイ : レイセンゴ ノ コクサイ チツジョ ト レキシ ニンシキ オ メグル ショモンダイ
書名別名 冷戦後の国際秩序と歴史認識をめぐる諸問題

Higashiajia no rekishi masatsu to wakai kanosei
出版元 凱風社
刊行年月 2011.4
ページ数 545p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7736-3504-1
NCID BB05363239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22089466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想