パニック症と不安症への精神力動的心理療法

フレデリック・N・ブッシュ, バーバラ・L・ミルロッド, メリアン・B・シンガー, アンドリュー・C・アロンソン 著 ; 貝谷久宣 監訳 ; 鈴木敬生, 坂井俊之, 鈴木菜実子 訳

本書で紹介するパニック焦点型力動的心理療法(PFPP)は、不安症に対する単一の治療法としての有効性が実証された、精神分析的基礎をもつ初めての心理療法である。PFPPは精神分析的概念を採用し、その実践に活用してはいるが、専門化した精神分析療法とは一線を画している。つまり、PFPPは精神分析的な訓練を受けなくても、より簡便なトレーニングを受けることによって実戦可能になるということである。本書ではパニック焦点型力動的心理療法の重要性から、治療法、さらにはこの治療法が適用可能な領域まで論旨を拡げていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理論的背景(基本的な精神力動的概念
  • 精神力動的フォーミュレーション
  • パニック症と不安症の病因における発達の役割)
  • 2 治療(パニック焦点型精神力動的心理療法-応用領域の枠組み
  • パニック症と不安症に適用する精神力動的心理療法のいくつかの技法
  • 初期評価と初期セッション
  • パニック症と不安症に共通する精神力動的葛藤
  • パニック症と不安症における防衛機能
  • 徹底操作と終結)
  • 3 応用領域(広場恐怖症およびその他の恐怖症への精神力動的アプローチ
  • 社交不安症への精神力動的アプローチ
  • 全般性不安症への精神力動的アプローチ
  • 心的外傷後ストレス障害への精神力動的アプローチ
  • 不安に関連したパーソナリティ障害への精神力動的アプローチ
  • パニック焦点型精神力動的心理療法-応用領域の実施においてよく起こる問題
  • 臨床素材 パート2-精神力動的フォーミュレーションと治療効果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パニック症と不安症への精神力動的心理療法
著作者等 Busch, Fredric
Milrod, Barbara
Singer, Meriamne B
坂井 俊之
貝谷 久宣
鈴木 敬生
鈴木 菜実子
Aronson Andrew C.
Busch Fredric N.
Milrod Barbara L.
アロンソン アンドリュー・C.
シンガー メリアン・B.
ミルロッド バーバラ・L.
ブッシュ フレデリック・N.
書名ヨミ パニックショウ ト フアンショウ エノ セイシン リキドウテキ シンリ リョウホウ
書名別名 Manual of panic-focused psychodynamic psychotherapy,extended range

Panikkusho to fuansho eno seishin rikidoteki shinri ryoho
出版元 金剛
刊行年月 2015.12
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-1431-9
NCID BB20147691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22677908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想