社交不安障害

マーチン・M.アントニー, カレン・ロワ 著 ; 鈴木伸一 監訳 ; 鈴木伸一, 金井嘉宏, 大月友, 五十嵐友里, 兼子唯 訳

社交不安障害による苦悩は、学校・職場等での適応困難や友人関係・結婚生活といった場面でも持続的かつ長期的な不全感を生じさせる。本書では、社交不安障害の診断のポイントと病態の特徴、アセスメントツールとその評価方法、治療(認知行動療法プログラム)の構成要素とそれら治療技法の選択に関わる諸要因の影響性についての解説、および症例の紹介など、必要とされる主要な情報がコンパクトに解説されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 社交不安障害の概説
  • 2 社交不安障害の心理学的理解
  • 3 診断と治療指針
  • 4 治療
  • 5 症例スケッチ
  • 6 さらに学びたい人のための推薦図書
  • 7 文献
  • 8 付録:ツールと資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社交不安障害
著作者等 Antony, Martin M
Rowa, Karen A
大月 友
金井 嘉宏
鈴木 伸一
Rowa Karen
ロワ カレン
五十嵐 友里
兼子 唯
アントニー マーチン・M.
書名ヨミ シャコウ フアン ショウガイ
書名別名 Social anxiety disorder

Shako fuan shogai
シリーズ名 Advances in psychotherapy evidence-based practice / 貝谷久宣, 久保木富房, 丹野義彦 監修 8
エビデンス・ベイスト心理療法シリーズ 8
出版元 金剛
刊行年月 2011.6
ページ数 117p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7724-1308-4
NCID BB05941652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21940468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想