トラウマとジェンダー : 臨床からの声

宮地尚子 編著

本書では、トラウマとジェンダーが重なる問題として、対人的なトラウマ、それも親密な関係における長期反復的なトラウマであるドメスティック・バイオレンスや性暴力、児童虐待の事例を数多く取り上げ、議論しているが、これらは社会的にも対応に危急を要するテーマでもある。臨床にすぐ役立つ、ジェンダー・センシティブなアプローチの要点を提示し、さらに、臨床現場にトラウマとジェンダーの視点をとり入れることで、具体的にクライエントの何を見、どのような働きかけをし、どんなことに気を配るかを事例検討で明らかにしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 語られてこなかったことを語る(総論:トラウマとジェンダーはいかに結びついているか
  • 性暴力被害のセクシュアリティにおよぼす影響とその回復過程
  • 男性の性被害とジェンダー ほか)
  • 第2部 既存の理論を再考する(心的トラウマと子どもの臨床-母性というジェンダーの文脈
  • 非行・犯罪領域におけるジェンダーとトラウマ-非行少年の被害体験とDV加害者の対象関係を中心に
  • 解離性障害、外傷性精神障害における性差はあるのか? ほか)
  • 第3部 異なる立場かる見る(法とジェンダー-ある少女の事例から
  • フェミニスト・カウンセリングの現場から
  • 解離性同一性障害当事者から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トラウマとジェンダー : 臨床からの声
著作者等 宮地 尚子
書名ヨミ トラウマ ト ジェンダー : リンショウ カラノ コエ
出版元 金剛
刊行年月 2004.3
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 4772408150
NCID BA66457882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想