二〇世紀の地理学者

竹内啓一, 杉浦芳夫 編

この本の情報

書名 二〇世紀の地理学者
著作者等 Kishimoto, Haruko
三橋 節子
久武 哲也
吉野 正敏
宮川 泰夫
山本 健児
山野 正彦
平川 一臣
手塚 章
杉浦 芳夫
林 上
森川 洋
榧根 勇
水岡 不二雄
矢野 桂司
石光 亨
礒部 啓三
秋山 元秀
竹内 啓一
金田 章裕
鈴木 秀夫
阿部 一
高橋 伸夫
書名ヨミ ニジッセイキ ノ チリガクシャ
出版元 古今書院
刊行年月 2001.10
ページ数 386p
大きさ 21cm
ISBN 4772260048
NCID BA53596547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
アッカーマン : 戦後日本の復興と発展 石光 亨
アメリカ地理学から『20世紀の地理学者』を読む 杉浦 芳夫
アルマジァ : 古地図に注目 竹内 啓一
ウィルソン : 都市・地域システムの理論的なモデル化 矢野 桂司
ギンズバーグ : アジア研究とアトラス出版 三橋 節子
クラヴァル : 地理思想の枠を超えて 礒部 啓三
クリスタラー : 都市の規模と分布に法則性はあるか 林 上
グールド : 計量地理学から啓蒙思想へ 杉浦 芳夫
ゴットマン : メガロポリス研究を越えて 宮川 泰夫
サウアー : 異文化への関心と観察 久武 哲也
シェラー : 日本研究への高い関心 森川 洋
シュリーター : 景観を考える 山野 正彦
ジョルジュ : 地誌学からの出発 高橋 伸夫
ソーンスウェイト : 蒸発散の推定法と測器開発 榧根 勇
トゥアン : 人間と環境の感覚的なつながり 阿部 一
トロル : 地形・植生・気候・人間のかかわり 鈴木 秀夫
ハゲット : 計量地理学の展開 杉浦 芳夫
ハリス : 堪能な外国語と国際文献収集 三橋 節子
ハルトケ : 社会問題を地図化 山本健兒
ハートショーン : 地理学説史と方法論 竹内 啓一
ハーヴェイ : 地理学に空間の理論と社会の変革を求めて 水岡 不二雄
バランスキー : 経済地理を重視 竹内 啓一
バンギ : 平和運動の実践 杉浦 芳夫
パンシュメル : 地理学の総合性を強調 手塚 章
ビューデル : 気候変化が地形をつくる 平川 一臣
フローン : フィールド主義の紀行学者 吉野 正敏
ヘーゲルシュトランド : 現代地理学と近代地理学の邂逅 杉浦 芳夫
ベイカー : 歴史地理学の新しい展開 金田 章裕
ベッシュ : 国際地理学協会の名事務局長 岸本治子, 竹内 啓一
ベリー : 最多被引用の地理学者 三橋 節子
ホワイト : 水資源研究を社会へ還元 三橋 節子
ボーベック : オーストリアのアトラス編纂 森川 洋
竺可禎 : 中国科学院副院長として中国地理学を建設 秋山 元秀
顧頡剛 : 中国の歴史地理学の創始者 秋山 元秀
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想