第三世界を描く地誌 : ローカルからグローバルへ

熊谷圭知, 西川大二郎 編

「第三世界」の新しい地域像を、地域研究者の視点から提示。フィールドワークに基づいてローカルな世界の構造やその変容をつぶさに捉えながら、同時にそれが、ナショナルな、あるいはグローバルな力との関係性の中でもたらされていることを検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「多声的地誌」への試み(パプアニューギニア、ブラックウォーターの人々の歴史と空間-自然との「調和」でもなく、外部への「従属」でもなく
  • ポストアパルトヘイトにおける南アフリカの都市-スクォッター社会からみたケープタウン
  • カンポンのジャカルタ-首都再編にさらされて
  • 植民地化の歴史からみたマレーシア都市-「複合民族国家」の都市再編
  • 変貌するフィリピン-近代化政策がもたらしたもの ほか)
  • 第2部 地域研究から地誌・地理教育へ(モンゴル地域研究における記述革新-マルチメディアによる地誌記述の試み
  • インド農村の貧困と動態-地理教育の偏見とその克服
  • 地誌と地理教育-日本の「地誌教育」は何をめざしてきたか?
  • 地域研究と地誌を結ぶもの-再び地誌学を検討する)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 第三世界を描く地誌 : ローカルからグローバルへ
著作者等 熊谷 圭知
西川 大二郎
書名ヨミ ダイサン セカイ オ エガク チシ : ローカル カラ グローバル エ
書名別名 Daisan sekai o egaku chishi
出版元 古今書院
刊行年月 2000.8
ページ数 263p
大きさ 21cm
ISBN 4772250492
NCID BA47975620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想