日本古代都市研究

高橋誠一 著

[目次]

  • 第1章 弥生時代の集落立地
  • 第2章 古代手工業の歴史地理学的考察
  • 第3章 古代山城の歴史地理
  • 第4章 古代西海道の歴史地理
  • 第5章 国府と方格地割-肥前、丹波の事例
  • 第6章 東アジアの都市と城壁
  • 第7章 東アジアの都城遺跡

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次 / p3
  • 序 / p1
  • 第一章 弥生時代の集落立地-高地と低地の間で- / p1
  • 一 はじめに-その研究史と問題点 / p1
  • 二 研究方法と対象地域の選定 / p4
  • 三 大阪府域における弥生時代の集落立地 / p8
  • 四 むすび / p36
  • (付論)弥生時代の集落と平野と丘と山 / p37
  • 第二章 古代手工業の歴史地理学的考察 / p47
  • 一 はじめに / p47
  • 二 古代手工業研究と関連地名 / p48
  • 三 窯業の立地と工人集団の居住地 / p53
  • 四 須恵器生産地と需要地-産地分析の試み- / p84
  • 五 むすび / p97
  • (付論)三輪山と海柘榴市 / p98
  • 第三章 古代山城の歴史地理 / p115
  • 一 古代山城の性格 / p115
  • 二 古代山城の立地 / p121
  • 三 古代山城の配置と意義-むすびにかえて- / p141
  • (付論)近江国坂田郡の古代山城と東山道 / p143
  • (付論)壬申の乱と三尾城 / p153
  • 第四章 古代西海道の歴史地理 / p163
  • 一 古代西海道の交通路と駅家 / p163
  • 二 大宰府と山城 / p199
  • 第五章 国府と方格地割-肥前、丹波の事例 / p217
  • 一 肥前国府に関する再検討 / p217
  • 二 亀岡盆地の条里と丹波国府 / p234
  • 第六章 東アジアの都市と城壁 / p251
  • 一 東アジアの古代都市 / p251
  • 二 古代の都市と城壁 / p259
  • 三 古代朝鮮の都市 / p269
  • 四 古代朝鮮・日本の都市と城壁 / p285
  • 第七章 東アジアの都城遺跡 / p299
  • 一 東アジアの風土とその印象 / p299
  • 二 東アジアの都城遺跡 / p321
  • 三 東アジアのなかの高句麗の都城と山城 / p354
  • あとがき / p373

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本古代都市研究
著作者等 高橋 誠一
書名ヨミ ニホン コダイ トシ ケンキュウ
出版元 古今書院
刊行年月 1994.10
ページ数 398p
大きさ 22cm
ISBN 4772213325
NCID BN11427807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95009592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想