アメリカの核ガバナンス

菅英輝, 初瀬龍平 編著

アメリカの核抑止政策は、日本外交の対米依存の源流をなし、中国や北朝鮮の核開発の重要な背景ともなっている。本書は、一次史料にもとづく、「核の世紀」の歴史的検証を通して、アメリカ中心の核ガバナンスがもたらした現代世界のアポリア問題を照射する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 原爆・核抑止・核ガバナンス
  • 第1部 アメリカと核ガバナンス(ニクソン政権によるアジア防衛戦略の検討、一九六九‐一九七二年-中国の核戦力増強とアメリカの「核の傘」の実相
  • アメリカの原子炉輸出政策と日本の選択-アメリカ製技術への「信頼」の形成
  • 北朝鮮の核破壊を企てる、一九五〇‐二〇一六年)
  • 第2部 アメリカの核ガバナンスと日・中・韓・北朝鮮の対応(日米安保・核をめぐる日本の国内政治と「核の傘」依存政策の形成、一九六四‐一九六八年
  • 中国の核兵器開発の道程と日米の反応、一九五四‐一九六九年
  • 朴正煕政権の「自主国防」と核開発、および「日韓経済協力」
  • ゴルバチョフ外交と北東アジア冷戦構造の変容‐ソ連・韓国・北朝鮮・日本の四カ国関係から見る北朝鮮核開発の淵源)
  • 第3部 アメリカの核ガバナンスと西ドイツの対応(核不拡散と同盟国の安全保障-NPTをめぐるジョンソン政権の対独政策、一九六五‐一九六八年
  • 大連立政権のNPT政策と「欧州オプション」、一九六六‐一九六九年
  • 核共有、同盟関係と西ドイツの国内政治)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの核ガバナンス
著作者等 初瀬 竜平
菅 英輝
書名ヨミ アメリカ ノ カク ガバナンス
書名別名 Amerika no kaku gabanansu
シリーズ名 シリーズ転換期の国際政治 7
出版元 晃洋書房
刊行年月 2017.11
ページ数 295,8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-2924-8
NCID BB24800283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22981474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想