ドイツ人とドイツ美術 : やっかいな遺産

ハンス・ベルティング 著 ; 仲間裕子 訳

国際的モダニズムの正統に反逆してきたドイツ美術は、ドイツ人のアイデンティティの危機を映し出す鏡ともなった。著者は中世から今日に至るドイツ美術を新たにその変容の歴史から考察し、こうしたドイツ的状況を批判・分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 新しい問題に旧来の答え
  • 2 ドイツ的様式の探求-ロマン主義におけるゴシック
  • 3 美術史学におけるドイツというテーマ
  • 4 近代(モデルネ)に対するドイツ人の抵抗
  • 5 ドイツ表現主義の追放と「退廃美術」
  • 6 「西洋」という逃げ道
  • 7 二種類のドイツ美術
  • 8 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ人とドイツ美術 : やっかいな遺産
著作者等 Belting, Hans
仲間 裕子
ベルティング ハンス
書名ヨミ ドイツジン ト ドイツ ビジュツ : ヤッカイナ イサン
書名別名 Die Deutschen und ihre Kunst
出版元 晃洋書房
刊行年月 1998.5
ページ数 130, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4771009996
NCID BA36117433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99006771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想